涼しくなってきて、ふと爪をみたら、、、凸凹な爪になってたー。(T ^ T)とゆー方へ

   

箕面駅前美容室ファインモーグル、ヘアセット&アレンジ、ネイリストの福島です(^^)

爪の凸凹、なんだこりゃー!!!(ーー;)とゆー方も多いのではないでしょうか?

私も最近凸凹した爪になっていたり、爪が生えてくるところからすでに割れていたり、、、

??

ありゃ?

どうした?私の爪?と思うことがありちょっと調べてみました。もしかしたら何かの病気とか??とか考えながら。

気になる方はたくさんいらっしゃると思いますので載せときますね。

でこぼこ爪は3タイプある!

いわゆる、波線のようなものが入っている爪のことをでこぼこ爪と言いますが、主にこれは3タイプあります。縦線、横線、湾曲と手足ともに異なるため、よく種類を見分けてから対応しましょう。

  • 縦線のでこぼこ

縦線が入ってしまう爪の原因は、老化と乾燥です。加齢による老化現象として、肌にしわができるように爪にもシワができてしまいます。加齢による縦線の場合は、自然現象のため健康上の問題は、ほとんどないことが多いのです。そしてこの縦線は、加齢とともに胃腸の機能が衰え、吸収力もだんだんと下がっていることを意味しています。また、内臓の中でも肝機能に問題があると出やすいようです。20代~30代の若い方にこの縦線が出る場合、栄養不足が原因になることも多いのです。思い当たることがある場合、生活習慣や食生活を今一度見直してみましょう。

  • 横線のでこぼこ

横線が入る要因は、いくつか考えられると言われています。その中でも、特にストレス・皮膚疾患・栄養不足・乱れた生活習慣・靴のサイズがあっていないこの5つが原因と考えられることが多いです。横線の場合は、すべての指に入るわけでなく、特定の指に入ることも特徴です。

親指→精神的ストレスや過労

人差し指→皮膚病や皮膚疾患

中指→尿酸の排泄が良好じゃない

薬指→喉や気管系、目の病気

小指→神経痛等

このような症状が疑われますので、バロメーターとして確認してみる価値はあるでしょう。

湾曲していく爪の原因と対策

爪が薄くなり、爪の先端が湾曲していく症状を”卵_殻爪(ランカクソウ)”と言いますが、これは栄養障害や内臓疾患など、体の内部に異常があることが原因となっています。対策としては、同じものしかたべない・絶食する・極端に食べる量を減らすなど、食事に関係する極端なダイエットをしている方はすぐにやめましょう。そして、ダイエットに心当たりのない方は、自己治療ではなく必ず皮膚科など病院で診療しもらってください。爪が非常に割れやすい状態でもあり、放っておくのも危険です。何か異常があるという体からのサインでもあるので必ず病院をオススメします。

縦線はよく出来ます(ーー;)加齢ではない、加齢では、、、ない!!!乾燥なはずと思い、そして願う(笑)
爪だけで判断は出来ないと思いますので、一つの参考にしていただけたらと思います。

 - ‐NAIL‐